脳卒中の兆候

隠れ脳卒中を見逃さないようにする

隠れ脳卒中は、症状がわずかである、ほんの一時的(数分から数十分)であるなど、すぐに戻ることが特徴です。24時間以内に完全回復するものを「一過性脳虚血発作」と呼びます。血管閉塞が短時間なので「一過性」とされていますが、血管の病変はそのまま残っていることがほとんどです。再び本物のもっとひどい発作を起こし、重い障害のリスクが高くなります。重要なのは前兆を見逃さないことです。兆候があらわれたときはすぐに医療機関に受診しましょう。

主な脳卒中の兆候


片方の手足がしびれる


急に手足から力が抜ける


片足を引きずっているといわれる


 


ものにつまずきやすい


フラフラしてまっすぐ歩きにくい


片方の目にカーテンがかかったように、一時的にものが見えなくなる


 


急に目まいがするようになった


ものが二重に見える


思うように言葉が出てこない、理解できない