MRI検査について


診察当日に撮影・診断ができる、人にやさしいMRI

日々の暮らしの健康を維持していくには、まず自分のからだの状態を知っておくことが大切です。そのために当院ではMRI(磁気共鳴画像)にて見える病気やケガを診ることができます。MRIはみなさんがイメージしているトンネル型のものではなく、オープンMRIを設置しております。オープンMRIは広く開放した環境で検査が受けられるので、狭いところが苦手な方や小児やお年寄りなど、MRIでの検査が苦手な方にも配慮した、人にやさしいMRIです。

またMRIを用いて、造影剤を使わずに脳の血管を撮影するMRA(磁気共鳴血管画像)検査もできます。従来の脳血管撮影(腕や足の付け根の動脈からカテーテルと呼ばれる管を挿入して行う検査)は、体への負担も多く、入院の必要がありましたが、MRAでは、約20分で終了するため、患者さんはその日のうちに帰宅することができるようになりました。さらにMRAを行うことで、MRIでは困難であった脳の血管の状態を把握できるため、クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や脳梗塞の原因となる血管狭窄をも発見できるようになりました。

また、今までのMRIでは診断困難であった超急性期の脳梗塞に対してもMRI拡散強調画像を導入したことで診断能力も向上しております。このような設備に加え、緊急時にもすぐにMRIを撮影できる体制を整えて、病気やケガの早期発見および早期治療を行っております。