最近、頭痛でMRI検査を施行して、脳動脈解離が見つかる患者さんが増えています。
先日、お笑い芸人の方も脳動脈解離で入院したと報道がありました。
脳動脈解離とは脳の動脈の壁が裂け、血管内の血液が血管の壁の中にたまる病気です。頭痛のみの場合も多いですが、ひどくなると血管が細くなり血管が詰まって脳梗塞を起こしたり、血管の壁が破裂してくも膜下出血を起こすこともあります。
脳動脈解離は首の骨から頭に入る動脈で起きることが多く、片側の後頭部が突然痛くなります。すぐに対応すれば、脳梗塞やくも膜下出血を予防することができます。突然のひどい頭痛が続く場合は、早めに受診しましょう。
なお、写真の黄色で囲った部位が血管解離した部位です。



春の訪れ!

2021.02.24


今日は患者さんから、ふきのとうを頂きました。
大きいのは美味しくないから、小さいのを持ってきた「天ぷらにして食べっこっちゃ」と言われました。
今朝は雪が降るほど寒く、冬に舞い戻ってしまった感じでしたが、もうそこまで春は来ています。


先週の土・日曜日は春のような天候でしたが、今日は一変して真冬の寒さでしたね。
最近、片頭痛が毎日続き、仕事や生活に支障を来して受診する患者さんが増えています。
このような時は、片頭痛の予防療法を勧めています。予防療法とは、片頭痛の予防薬を毎日定期的に服用することで、頭痛の頻度を減らしたり、頭痛の痛みを軽減させる治療です。
①頭痛が頻回(月に6回以上)、②鎮痛薬を飲む回数が多い(月に10回以上)に該当する方は、予防療法で頭痛改善が期待できます。予防薬はいくつかありますが、使い方が難しく、頭痛専門医に相談するのがお勧めです。当院でも片頭痛の予防療法は300人以上/年間の方に行っております。「最近、頭痛が多い」、「鎮痛薬を飲みすぎで大丈夫なの」等で悩んでいる方は当院でご相談ください。



干支の飾り

2021.02.11

先日、患者さんから干支の飾りを頂きました。
新型コロナでストレスが溜まる日々ですが、この干支の飾りを見ると幸せな気持ちになれます。
待合室に飾っていますので、来院された際は、是非見てください。



おはようございます。
小学校の交通安全見守り隊として、旗振りをしてきました。今朝は寒かったの、かなり着込んで行きました(笑)
今年の3月で子どもが小学校を卒業するので、今回が最後の旗振り当番でした。トータル11年間旗振り当番を行いました。長かったようで、あっという間でした。ボランティアの方々によって地域が支えられていることを知る良い機会でした。