いつも手作りの作品を頂いている患者さんから、犬やクマのぬいぐるみを頂きました。
売り物としてお店に置いてあってもおかしくない出来で感銘しました。
クリニック内の多くの患者さんに見て頂ける場所に置きます。
是非、見に来てください。



6月10日は看護師さんとのセミナー講演会でした。
ディスカッションには頭痛を専門的に治療している医療機関(群馬県、埼玉県)の看護師さんにも参加して頂きました。実際の取組みなどの話も具体的に聞けて、有意義な時間でした。頭痛診療においても、看護師さんを含めメディカルスタッフとの連携が大切と感じました。



今日は精神科や心療内科の医師向けに頭痛講演を行いました。座長は精神科専門医の岡先生にして頂きました。
頭痛外来でも、慢性頭痛や薬剤の使用過多による頭痛(痛み止めの飲みすぎで起きる頭痛)の患者さんの中に精神疾患を併発されている方が多い印象で、精神科医との連携が必要と考えていました。今日の講演を機会に精神科の先生方とスムーズな連携を行い、頭痛で困っている患者さんに地域全体で対応できればと思います。



早いもので6月になりました。今年になって講演も20回を超えています。
今週は茨木県と静岡県の先生方にCGRP関連抗体薬について話をしました。
値段は高いですが早期効果、副作用の少なさが特徴でお勧めの薬です。
片頭痛で悩んでいる方に是非使って頂きたいです。




昨日は、WEB講演会でディスカッションの司会として参加させて頂きました。
講演された東京女子医科大学の清水先生は、頭痛外来を何回か見学し頭痛診療の基礎を教えて頂いた恩師です。
清水先生は毎日200人~300人の頭痛患者さんを診療し大変エネルギッシュな方で、講演内容も常識にとらわれず、新しい発想で目からウロコの内容であり、多く学びがありました。
また、田中先生の講演ではライフスタイルの中から頭痛の誘発因子、増悪因子を探りだし、改善させることの大切さを改めて感じました。頭痛診療に真摯に取り組んでいる先生方との交流は刺激になります。
頭痛で悩んでいる患者さんが1人でも減るように、全力で取り組んでいきます。