石川県臨床内科医会で、頭痛診療についてWEBで講演させて頂きました。頭痛診療のコツについて話をしました。立岡神経内科(京都)の立岡先生のWEB講演もあり、エムガルティについて率直な意見を聞くことができました。
一緒に写っているのは、座長の沖野先生です。




片頭痛の新薬「エムガルティ」が発売され3週間が経過しました。
発売早々、お笑い芸人「オードリー」の若林さんが「エムガルティを注射して片頭痛が改善した!」とSNSで発表し、すでに興味をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。
一般に頭痛薬と一括りで言いますが、実は片頭痛の治療薬はその作用機序により、2種類に分けられます。痛い時に使う痛み発作を止める急性期の治療薬と、頭痛全体の頻度や痛みを改善させる予防薬です。
「エムガルティ」は後者の予防薬になり、脳血管に作用して頭痛を引き起こす物質(CGRP)を抑え込む新しいタイプで、今までの薬より更に強い効果を発揮します。
また、既存の予防薬は毎日服薬する必要がありましたが、エムガルティは月に1回注射するだけで済みます。実際に、当院でエムガルティを投与した患者さんの中には、10回/月程度の頭痛が1~2回に改善した方もいます。長年頭痛診療をしてきた臨床医からの視点でも、安心して使える画期的な新薬だと思います。
頭痛が多く困っていらっしゃる方は、この薬を一度お試しになってはいかがでしょうか。




本日、午前の診療終了後に津幡町の新型コロナワクチン集団接種に参加してきました。津幡町福祉センターで開催され、みなさんの協力のおかげで、スムーズに進行しました。これから毎週木曜日、土曜日、日曜日に集団接種が開催されます。
ワクチン効果で感染が早く収束することを祈るばかりです。



4月26日に片頭痛の新しい治療薬が発売となりました。この治療薬は、月に1回注射するだけで頭痛を予防(回数を減らす、痛みを弱くする)します。そのため、頭痛回数が多い(6回以上/月)患者さんに有効です。
当院でも、すでに数名の患者さんに使用しました。繰り返す頭痛でお困りであれば、当院にご相談ください。
#エムガルティ



昨年度はコロナ禍の影響で、学校健診は秋に行いました。今年度は、4月から始めることが出来ました。生徒さんにはマスク着用、少人数単位、図書室で行っています。通常の健診より時間は掛かりますが、地域医療に少しでも貢献できればと思っています。