9月から石川県立看護大学の大学院生の研究に協力しています。
研究調査として、当院の認知症外来に通院している患者さんの家族に直接聞き取りをしたり、アンケートを行っています。
今回、この研究に協力したのは、認知症の家族の方の気持ちを知る良い機会であることも1つの理由ですが、院内に外部の第三者が入ることは、風通しのよい職場づくりのための良い機会だと考えたからです。
今後もこのような機会があれば、積極的に取り組んで行きたいと思います。