石川県産婦人科医会で頭痛の講演をさせて頂きました。
生理に伴う頭痛で産婦人科を受診する患者さんも多いですが、生理に伴う頭痛の6割は片頭痛と言われています。
生理に伴う頭痛は片頭痛の治療で改善します。
産婦人科でも治療でも改善しない時は、頭痛専門医へ受診をお勧めします。



津幡町では7月からコロナワクチンの集団接種が再会されています。再流行でワクチン希望者が増え、半日で約300人の方がワクチン接種されました。ワクチン接種を希望される方は、早めの予約をおすすめします。




アメリカの頭痛診療の権威であるDr.Tepper先生の講演を聞きました。また、国内の頭痛エキスパートの先生方も交えてディスカッションしました。アメリカではCGRP関連抗体薬は長期的に使用され、効果が出ているようです。CGRP関連抗体薬の自己注射も99%以上普及しており、安全に投与できる方法とのことでした。保険制度の違いはあり、全てをマネすることは出来ませんが、参考になることも多く、明日からの診療に生かしていきます。




今日は産婦人科医のセミナーで、高校同級生の高倉先生に座長をして頂き、頭痛の話をしました。
月経に関連して頭痛がひどくなる女性は多いですが、その頭痛のほとんどはが片頭痛です。月経関連の頭痛に対して、産婦人科の先生方と連携して、取り組んでいきたいです。



通常の講演会とは違い、全国配信の講演会で話をさせて頂きました。製薬会社の配信以外に、医療従事者専用サイトであるm3.comでも配信されました。
今回の講演はスタッフと連携して行っている頭痛のチーム医療の実態を報告させて頂きました。
頭痛で悩んでいる患者さんに少しでも寄り添えることができるように、スタッフ全員で対応していきます。