スタッフ紹介

事務長

木嶋 康子(きじま やすこ)




時々患者さんから「ここのスタッフさんは優しいね~」との声を聞くことがあります。そんな時は大抵スタッフがニコニコとゆとりを持って仕事をしている時だと、いつ頃からか気付くようになりました。それ以来、院長をはじめスタッフが楽しく働きやすい環境を整えることが私の使命と思い、日々努力しています。クリニックで働く皆が笑顔でいられるようにと願っています。


診療放射線技師

竹内 公基(たけうち こうき)




学生時代は理系(生物、化学)の勉強が好きで、医療サポートに貢献したいと思い、診療放射線技師を目指しました。診療放射線技師は、日ごろから新しい技術と知識を習得しながら、院長と密接に診療サポートをしています。


患者さんへ

初めてMRI検査を受ける患者さんは、緊張することが多いのですが、安心して受けていただけるよう明るく、笑顔で努めています。当院で受けられる。検査について、わからないこと、不安なことがあればいつでも気軽に聞いて下さい。

看護師

狭間 優子(はざま ゆうこ)




私が看護師を目指した動機は、TVドラマ「救命病棟24時」です。学生時代にこのドラマを観て、人を助けたい気持ちが高くなり、今日の私がここにあります。いつも患者さんがよくなるようにしっかりアシストさせていただきたいと思います。


患者さんへ

なるだけ多くの患者さんのお顔と名前を覚え、診察を待っている方や、からだの調子が気になる方にもお声がけさせていただきます。


私の看護師としてのモットーは、生涯、看護師でありたい気持ちと、まわりの人達を笑顔にできる看護師でありたいという2つの気持ちがいつも心にあります。保育園看護師の経験を活かして、自分の痛みや調子がなかなか言えないお子さまの気持ちもしっかりくみ取っていきたいと思います。


受付事務

小杉 佳子(こすぎ けいこ)




勤めはじめだした頃は、ホテル業での実務経験はありましたが、医療事務の知識はありませんでした。しかし自分の子どもに勉強と仕事を両立する姿を見せておきたかったので、働きながら資格試験の勉強をし、医業事務の資格をとることができました。


患者さんへ

慎重、スピーディかつ丁寧な事務業務をおこない、分かりやすく、はっきりとお伝えできるようにいたします。


私は、元々患者として通っており、クリニックの皆さんと触れ合っているうちに、ここで自分の医療事務の経験を活かしたいと思い、今ではスタッフの一員として頑張っています。私が考える仕事と家事の両立のコツは、少しの時間でも力を抜き、気持ちを切りかえるひと時を持つことが大切だと思います。


渡邉 真知子(わたなべ まちこ)




私の特技は書道です。今では段位は七段になりました。書道や仕事においても、焦ったときはいったん深呼吸をすることによって心を落ち着かせ、物事を俯瞰(ふかん)することによって、行動することができます。


患者さんへ

来院される皆様、全員が知り合いになれるように思っています。お気軽にお声がけください。