花粉症の季節となりました。前回は花粉症が頭痛を悪化させる要因となることを説明しました。
今回、スギの香りが認知症患者さんに及ぼす影響についての報告を見つけました。
この実験では、認知症患者さんにスギのアロマ成分が含まれるフレグランスや消毒液用いた環境で生活してもらい、認知機能や行動機能の変化を調査しています。比較するのにスギのアロマ成分が含まれない環境の認知症患者さんも観察してます。結果はスギのアロマ成分の部屋で生活した患者さんは周辺症状(興奮症や不安)が改善したようです。
臭いは大脳辺縁系と視床下部に伝達されますが、大脳辺縁系は認知障害に密接に関連している海馬と扁桃体を含む領域です。したがって、臭い刺激は認知障害を改善させる効果が期待できます。
認知症に限らずアロマセラピーは用いられています。ハーブ系の香りは好き嫌いがありますが、スギの香りは高齢者でも受け入れやすく、手軽にできそうですね。