産業医の仕事

2019.12.05


産業医を担当している津幡町内の企業でインフルエンザの集団予防接種を行いました。
50人ほどの方を行いましたが、従業員の方のご協力で1時間ほどで終了しました。
職場でインフルエンザが流行すると業務に支障をきたしますので、企業として集団予防接種を行うことは大事ですね。
通常の診療以外でも、地域医療に貢献していければと考えております。



東海大学の下田教授の講演は非常に分かりやすく、明日からの診療に役立つ内容でした。
頭痛の原因としてCT検査では見逃す病気もあり、MRI検査の重要性を再認識しました。



インフルエンザ予防接種の時期になりました。当院でも予防接種を受けられる方が徐々に増えています。
インフルエンザの予防接種は受けたあとすぐに効果が現れるわけではなく、予防効果が現れるまでには約2週間ほどかかります。
また、個人差はありますが予防効果は約5か月ほど持続します。
例年インフルエンザのピークが1月に来ることから、遅くとも12月中旬までに接種すると良いでしょう。
ただし、12月中旬を過ぎてしまった場合も、予防効果がないわけではないので、必要に応じて予防接種を受けてください。
ワクチンが無くなっている医療機関も多いですが、当院はまだ少し余裕があります。
まだ、接種していない方は早めの接種をお勧めします。
当院は予約なしで接種できますよ。




東京で開催された日本旅行医学会に座長として参加してきました。
日本旅行医学会とは旅行、留学、海外赴任の医療安全について議論する学会です。
主に旅行時の感染症、旅行時の緊急医学、アウトドアスポーツの医学などを扱います。
当院でも高山病外来をしており、認定医として活動しています。
広い知識が得られる貴重な機会で、勉強になりました。




新宿で開催されている日本認知症学会で、8月に受験した認知症専門医試験の合格発表があり、無事合格することが出来ました。仕事の合間に勉強し結果が出て嬉しいです。勉強したことを患者さんに還元できるように頑張ります!
専門医試験のアドバイスを頂いた、きだクリニックの木多先生と一緒に写真を撮りました。